沿革

Pocket

大正14年 創業者、故 塚本秀進が大阪市西区新町通4丁目において個人で機械商を開業
昭和 2年 6月、「塚本商事合名会社」に法人化。
昭和11年 6月9日、資本金100万円全額払込をもって塚本商事合名会社を「塚本商事機械株式会 社」に改組。 産業用大型機械、主として鉱山・製鉄・発電・繊維用機械類の設計・製作請負事業を拡大
昭和12年 7月5日、東京市麹町区内幸町1丁目5番地所在の“大日本殖産企業株式会社”を吸収合併し、本店をここに移転
昭和14年 “株式会社帝国鋳鋼所”ならびに“満州重機株式会社”との業務提携を深め、重工業分野で広く活動
昭和16年 “株式会社中央機械製作所”を塚本秀進個人で買収し、一般工業用機械類の製作請負に際して その製造部門を業務分担させる。後に第二次世界大戦の激化にともない、軍需産業政策上、 日本製鐵株式会社(現:新日鐵住金㈱)に併合される。
昭和19年 3月25日、第二次世界大戦下、国策上、非生産的企業の排斥により、 一時会社名を「塚本工業株式会社」と変名
昭和22年 3月、大阪市西成区梅南通(天下茶屋)および東京都品川区鮫洲に 製氷・冷菓事業部門を開業(昭和32年に売却整理)
昭和23年 “株式会社日鐵中央機械製作所(旧:株式会社中央機械製作所)”を日本製鐵より返還を受ける。
昭和26年  6月16日、東京都中央区京橋3丁目4番地に、本店を移転
昭和29年 東芝製鋼株式会社が開発した「東芝フェンシングポスト」の総代理店として建材事業部門に進出
昭和30年 12月、“日鐵中央機械製作所”を分離し、独立させる。(現:塚本總業株式会社)
昭和31年 12月12日、第二次世界大戦後、再度にわたる再評価積立金の資本金への繰入れにより、資本金48,900,000円となる。
昭和36年 4月、特許製品富士コンクーラー(冷却塔)の独占販売権を得て建築設備事業部門に進出
昭和48年 2月14日、創業者、塚本秀進会長寂
平成元年 10月11日、資本金を100,000,000円に増資
平成12年 7月10日、資本金を150,000,000円に増資
平成13年 11月、アウトソーシング部門として「T.S.G STAFF事業部」を創設
平成14年 11月、エレベーター保守・点検・工事部門として「T.S.G エレベーター事業部」を創設
平成14年 11月26日、東京都中央区八重洲2丁目10番地12号に、本社を移転
平成17年 6月30日、名古屋支店にて、ISO9001認証を取得
平成19年 6月29日、名古屋支店にて、ISO14001認証を取得
平成22年 11月08日、東京都中央区銀座4丁目2番地15号に、本社を移転
平成28年 9月30日、資本金を155,000,000円に増資
平成29年 4月5日 千葉總業株式会社を設立